事務局より、第二回短歌賞の報告です。

賞金の振り込み、賞状発送とも完了いたしました。最終の方には5月12日頃発送しています。もし届いていない方がおられましたら、ご連絡ください。

  万葉の時代、紀州(和歌山)では幾多の歌人により歌が詠まれておりました。その後も、幾多の伝説や物語が醸成され、数多の書き手が紀州についての物語を紡いできました。当社団法人では、紀州で培われてきた文學という伝統を守り、また発展させたいと考えております。この地にちなんだ物語、詩歌を通じて紀州の文芸振興に貢献していこうと思い、設立いたしました。

 

 まずは和歌が盛んだった万葉の地、和歌の浦の名を冠した和歌の浦短歌賞を創設し、短歌の振興に努めてまいりました。お陰様で平成二十七年度の短歌賞には多数の応募をいただき、短歌賞のなかでも上位を争う盛況ぶりとなりました。結果発表につきましては、和歌の浦短歌賞 にてご確認ください。

 

 平成二十八年度4月より、文学復興の為にkino-kuni文學賞を創設致しました。詳しくは kino-kuni文學賞 をご覧ください。

 kino-kuni文學賞について、受賞作を発表いたしました。なお、想定以上の応募作をいただいたため、講評は2月から9月に発送予定です。今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

 

 紀州文芸振興会は、和歌山県内にとどまらずに文學全体を復興していくことを、ここに誓います。皆様のご応募、また応援をお待ちしております。


第一回の短歌賞発表会です。

〒641-0022 和歌山県和歌山市和歌浦南3丁目10−1

 

 和歌の浦アート・キューブ

 

日時:平成28年5月14日  13:00~17:00

     平成28年5月15日  10:00~15:00

協力:ふなさとの会

多数のご来場ありがとうございました。

第一回和歌の浦短歌賞発表会(5月14日、15日)